多いトラブルとは

中古車オークションに多いトラブルとは

中古車オークションは希望の車種を探しやすいというメリットがありますので、居住地での車探しに限定されず豊富な車両の中から選んで購入できるというメリットがあります。もちろん中古車オークションですから落札できなければ購入できませんが、オークションにはメリットばかりではなくトラブルが多いことも理解しておく必要があります。個人が中古車オークションを利用するにはオークション代行業者を介して入札を行うことになります。ほとんどのオークション会場では条件を満たしている業者しか利用できませんので、個人的な参加はできないのが普通です。中古車オークションでは出品車両に問題がある場合と、代行業者に問題がある場合がありますので、トラブルの種類も内容も様々なものがあります。オークション会場では主に出品車両に関する問題が多くなります。オークションでは出品票によって車両のコンディションを把握しますので、詳細なコンディションまでは把握できないいのが普通です。ですから落札後に不具合を発見することが多くなるため、入札時には車両状態の確認を確実にすることが求められます。修復歴や水没車などの車両の価値に関する情報は出品票に記載されるため、見落とさない限りは落札してしまうことはないと言えます。オークションでは落札した車両に不具合があると一定の期間に限りクレームを行うことが可能です。しかし1週間と期間が短いために、クレームを入れることは難しいという現実があります。そのため悪質な業者が不正な行為を働くこともありますので、車両のコンディションを正しく把握できる代行業者が必要となるのです。クレーム処理には免責が設けられているため、軽微な不良に関してはクレーム対応ができない場合もありますので、車両のコンディションを的確に把握できる能力が必要になるのです。一方で代行業者との間にも様々なトラブルが発生してきますので、依頼する立場としては良心的で質の良い業者を見極めることが大切です。代行業者との間には落札した車両が指定した条件に合わないことがありますし、その際にキャンセルができないなどがあります。また費用に関する説明が不足していることで、落札後に高額な支払いを求められることなどがあります。業者と間に起こる問題は、依頼する側が確実に希望条件を伝えることや契約内容を確実に把握することで回避できますが、出品業者までは判断することができませんので、車両のコンディションを的確に判断できる業者に依頼することが大切なのです。

Copyright© 2014中古車オークションの利用とトラブル All Rights Reserved.