安いクルマを探せます

中古車オークションで安いクルマを探せます

自動車を買おうかなと思っているなら、まず新車にするか中古車にするかで迷うと思います。 もし、中古車を買おうと決めたなら、できるだけ安く買いたいと思うものです。 新車は値引きでしか安く買える可能性はありませんが、中古車なら購入する方法によって、同じ車種でも購入出来る金額は大きく変わるからです。 中古車を買える手段としては、中古車販売店からの購入、ネットオークションでの落札、個人同士の売買などがあります。 さらに、中古車オークションを利用するという手段もあります。 中古車オークションは、中古車販売店などの業者が、お店で販売するための自動車を仕入れるための会場です。 オークションに参加できるのはオークション会員だけで、一般個人は参加することは出来ません。 個人でも保証金や古物商などの販売免許を提示することが出来れば、オークション会員になることも可能ですが、それでは安いという中古車オークションのメリットを生かすことは出来ません。 そこで、中古車オークション買い付け代行業者に委託するという方法があります。 買い付け代行業者はオークションの参加資格を持っており、購入者からの依頼を受けて、オークション会場で条件に合う車種を探します。 依頼するには買い付け代行を行ってくれる業者を探して連絡し、希望車種などの条件と予算を伝えておきます。 オークションという性質上、他の入札参加者と競ることになります。 そのため、予算的には臨機応変な対応が必要になります。 必ずではありませんが、条件にベストマッチするクルマが見つかったとしても、入札競争が加熱して予算を少し超えそうになった場合、買い付け代行業者から連絡がくることがあります。 いくらまでなら競っていいかという連絡です。 例えば予算は70万円と伝えておいたけれども、現在65万円まで値段が競ってきた場合などです。 予算を超えて落札できても、業者は購入者に代金を請求できません。 予算以上は出せなければ別の機会を待つことになります。 仮に、2~3万円予算オーバーしたとしても、中古車販売店で購入するのに比べればはるかに安いはずです。 中古車販売店は落札価格にマージンを乗せて販売するわけですから。 そして、オークション代行業者から購入した場合には、名義変更などの手続きもいっしょに行ってもらえるという点は個人売買やネットオークションには無いメリットです。 代行業者は整備なども行っている場合があるので、多少の不具合は面倒を見てくれる場合もあります。

Copyright© 2014中古車オークションの利用とトラブル All Rights Reserved.