代行業者について

中古車オークションにおける代行業者について

最近では、自動車を購入する場合、新車だけではなく中古車を購入することも選択肢の一つとなっています。今では以前と異なり、インターネット環境も大きく向上し、より大きな容量のデータをより高速に広げられるようになりました。また、携帯電話のスマートフォンでインターネットを常時接続可能な状態に出来るようになりました。こうしたことから、多くの中古車購入希望者がインターネットを通じて希望する中古車情報を即座に調べられるようになりました。また、中古車販売会社もインターネットを通じてより多くの中古車情報をより広範囲の人に対して流せるようになりました。これまで、中古車を購入する場合は中古車業者と相対取引程度しか出来ませんでしたが、いまでは全国各地の中古車業者との売買が可能です。一般的に、中古車を購入する場合、中古車オークションを通じて購入します。中古車オークション会場は、北海道から沖縄まで全国各地に存在します。オークション開催日も各地でまちまちのため、ほぼ毎日全国のどこかで中古車オークションが開催されている状態です。これまでオークションでは、車両を引き回して参加者の前を横切る車両引き回し方式でしたが、オークション参加者の増大や出品される自動車台数の増加により、車両引き回しで実際に車両が走行するレーンの状況をカメラで撮影して、離れた会場でスクリーンに放映する映像化方式が主流となってきました。中古車オークションに参加するには多くの厳しい条件をクリアしなければ参加することが出来ません。そもそも、オークション会場は各都道府県の公安委員会認可の古物市場です。そうした事情から、オークション参加希望者は、古物商許可を持ち、参加を希望するオークションの現会員から一定数以上の推薦状が必要で、参加希望時現在で実店舗で中古車売買行を営むなど厳しい条件を課されます。中古車自動車は中古とはいえ、1台あたりの売買台数が非常に高額で、特に外車やスポーツカーは高額商品です。また、中古車自動車購入者は全国にまたがり、その数も非常に多いです。これらのことから、オークション参加者を自由参加にしたら、その中に犯罪を犯そうとする代行業者や、出展する中古自動車が犯罪に使われる恐れがあったり、大きな欠陥部分を有する自動車であったりする可能性があります。こうした事情により、中古車オークションにおける代行業者は厳しい参加条件を課されるのです。

Copyright© 2014中古車オークションの利用とトラブル All Rights Reserved.