中古車オークション・どんな会場?

中古車オークション・どんな会場?

中古車ショップというのは、たくさんあります。
販売メーカーの系列店で、すぐそばに隣接していることもあります。
安心感があり、少し高くても購入される方は多いようです。

メーカーはバラバラで、いろいろなところの車を扱っているショップもあります。
もちろんメンテナンスやチェックなども行われてい入るのですが、ディーラーとの関係が大手の中古車ショップと少し異なる部分がありますので、やや不安に思う方もいます。

他にも、中古車を手に入れる方法として、今注目されているのが中古車オークションです。
オークションの市場は拡大していて、中古車オークションもかなり浸透してきました。
ちなみに中古車オークションは、昔は中古車販売店やディーラーは、自分の土地の空き地や、百貨店の駐車場を借りて開催していたこともありました。
また、その後に常設の中古車オークション施設ができました。
加盟会員は落札はできたのですが、一般の中古車販売店などは、下取り車両や不良在庫などはオークション以外の方法で処理するしかなかったために、販売店同士の不満の声が高まったことで1971年に現ジェイ・エー・エーの母体団体、日本オートオークション協会が発足したことが始まりです。

会場でのオークションは今でも行われていますが、その次に出てきたのは今のネットオークションの前身でもある、画像出品によるオークションです。
そして時代は進み、IT文化が広まってきたこともあり、大分システムが変わりました。
今は、ネットですべてできてしまう時代です。
情報なども細かく調べることができますし、入札などもネットで行うことができます。

実際の車を目で見て判断するということができないために、より詳しい情報が必要となります。
また、販売店やディーラーがしっかりしているところですとメンテナンスもきちんと行われていることで、安心できることも多いのですが、なかなか個人店からの出品ですと、オークションで買い取ってから修理が必要というものもあります。
海外に輸出される仕様で出されてるものもありますし、さまざまな状態もありますので、よく確認をするということが重要です。

ネットではなく、常設型のオークションの場合ですと、台数もあまり置けないところもありますが、レーン数がかなり増えていますので、選ぶときにもとても選び安いということがあります。
ちなみに、日本国内で最多レーンを誇っているのは、業界最大手USSの東京会場の10レーンです。

Copyright© 2014中古車オークションの利用とトラブル All Rights Reserved.